SEO対策をライバルサイトとの比較から調査SEOツールです。ページ内の文字数や検索エンジンへのインデックス数、被リンク数などを調べるツールです。

強化ポイント調査ツールの調査条件設定

強化ポイント調査ツールの調査目的

検索サイト(Yahoo!・YST・Google)での上位表示されない理由を調べるツールです。

ホームページのページ内文字数、キーワード出現率、登録ページ数、被リンク数をライバルサイトと比較して、検索サイトでの上位表示に繋がる強化ポイントを調べる事を目的にしています。

強化ポイント調査ツールの調査情報を入力

貴サイトURL(必須)
例)http://siterepair.ddo.jp/
比較サイトURL(必須)
例)http://siterepair.ddo.jp/
調査キーワード(必須)
例)SEO対策

強化ポイント調査ツールの調査項目

テキスト文字数
ページ中の文字数を調査します。テキスト数が多ければ良いという事はありませんが、余りにも文章量が少ない場合、情報量が少ないと判断される事があります。
キーワード出現回数
ページ内に狙ったキーワードが何回出現するかを調査します。狙ったキーワードの出現回数によって検索結果の表示順位は大きく左右され、キーワードが出現する場所によっても表示順位は変化してきます。(キーワードを乱列するのはスパムサイトになるので要注意です。)
被リンク数(リンクポピュラリティ)
SEO対策で非常に大きな効果が生まれると言われる被リンク数(リンクポピュラリティ)を調査します。他サイトから多くのリンクを受ける事によって、検索エンジンは良質なサイトとして認識し、上位表示に大きく作用します。
登録ページ数(インデックス)
検索エンジンに何ページ登録されているかを調査します。登録されているページ数によって、サイト全体の規模を評価します。一般的に、規模の大きなサイトの方が内容の充実したサイトとして認識されます。
[準備中]ブックマーク数
現在、表示順位に直接は関係ないようですが、いずれブックマーク数によるSEO効果は高まってくると考えています。
[準備中]サイト開設日
サイトが開設されてからの期間を調査します。
サイトが開設されてからの期間は、サイトの信用度と関係が深い項目で、期間が長いほど検索エンジンには高い評価を得る事ができます。
[準備中]サイト最終更新日
ページが最後に更新された日付を表します。
サイトが開設されてからの期間は、サイトの信用度と関係が深い項目で、期間が長いほど検索エンジンには高い評価を得る事ができます。
[準備中]Yahoo!ディレクトリ登録
Yahoo!カテゴリの登録の有無を調査します。
Yahoo!では、Yahoo!カテゴリへの登録で出現順位に大きな影響を与えます。
[準備中]PageRank
Googleが評価しているホームページの10段階評価を調査します。
Googleでは、PageRankも出現順位に多少の影響を与えているようです。PageRankの平均は4で、ランクを上げるには地道なSEO対策をするよりありません。

強化ポイント調査ツールの利用方法

  • 貴サイトのURLを入力します。
  • 比較対象サイトのURLを入力します。
  • 調査対象のキーワードを入力します。
  • 『調査する』ボタンをクリックすると、次ページに調査結果が表示されます。
お問い合わせ
  • 笑顔で丁寧にお答えします

    052-833-7717

  • 笑顔で丁寧にお答えします

    info@siterepair.jp

    営業時間内(10:00~17:00)にいただいたご質問は必ず当日中に返信します。